マンション管理をプロに~トラブルを阻止してココチ良く~

Real Estate

競争が激しい

賃貸マンションの管理受託

Building

横浜市は首都圏への通勤が便利なので多くのマンションの建設が建設されています。マンション管理は賃貸と分譲では内容が異なります。賃貸マンション管理では入居者の仲介を含めて管理をすることが一般的です。入居者の仲介をする場合でもサブリースで包括して管理を行う場合と仲介とマンション管理を別建てで行う場合があります。サブリースを行う場合には賃料の85パーセントから90パーセントの料金でマンション管理を受託するケースが多く見受けられます。仲介と管理を別建てで行う場合には入居者の仲介料は個別案件ごとに1カ月分受領して、マンション管理は業務項目を決めて月額を決定します。横浜市は交通アクセスが良いのでサブリースで受託するケースが多く見られます・

分譲マンションの管理受託

横浜市のマンションに限らず分譲マンションのマンション管理は購入者が設立した管理組合が実施することになります。しかしながらマンションの住民は他に仕事を持っているので管理の業務をすることは実質できません。したがって管理組合は専門のマンション管理会社に管理業務を委託することになります。管理業務の委託は管理組合全員の総意で決めることになりますが、実際は管理組合の理事会で推薦して業者決定を行うことになります。横浜市は分譲マンションが多いので多数のマンション管理を行う業者が存在します。理事会の意向が反映するので理事長の知己の業者を選定することも多く見受けられましたが、最近は競争入札を行って業者選定をするケースが増えています。

Copyright © 2015 マンション管理をプロに~トラブルを阻止してココチ良く~ All Rights Reserved.